結婚式での演出のポイント

主役のふたりにとって一生の思い出となる結婚式。
どうせなら参列していただくみなさんにも印象に残る結婚式にしたいですよね。
そこで今回は結婚式の演出のポイントについて書きたいと思います。

一番大事にしたいのが、参列していただいたみなさんに「ふたりらしさ」をアピールすることです。
みなさんにふたりらしさが伝われば、ぐっと親しみのある結婚式になるでしょう。
たとえば私の友人の結婚式では、新郎の職業が警察官ということもあり、最後のお色直しで警察官の制服で登場という一幕がありました。
私にとってもすごく印象に残る結婚式になりましたよ。

次に参加している全員が楽しめる結婚式にするということです。
自分たちや仲の良い友人だけが楽しめる演出にしても意味がありません。
みなさんに楽しんでいただけるパーティーにすることを心がけましょう。

次に「欲張らない」ということです。
たくさんの演出でみなさんを楽しませたいという気持ちはわかりますが、時間が足りなくてすべてが中途半端になってしまいがちです。
何かひとつ大きな演出を考えて、それをメインに流れを考えていくのがいいでしょう。

そして最後は「感謝の気持ちを込めて」ということです。
参加してくださった方全員に感謝の気持ちを伝えることも大きなポイントです。
普段面と向かっては言えないような感謝の気持ちでも、結婚式という場では意外とすんなり言えるものです。
今まで育ててくれた両親や友人に、思いっきり感動的に感謝の気持ちを伝えてみてはいかがですか?

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式のオリジナル演出

最近は新郎新婦こだわりの結婚式というのが増えてきているようです。
今回はオリジナルの演出について調べてみました。

まずはウェルカムボード。
ウェルカムボードとは、披露宴の会場の入口に立てておくボードのことで、出席していただいた方が必ず目にするものです。
私が知っているのはふたりの写真と自己紹介などを載せるというものですが、最近はみなさんいろいろと工夫されているようですね。
自分たちの似顔絵をプロの方に描いていただいたり、新郎新婦がお互いに似顔絵を描いたり・・・というものもあるそうです。
さりげなく自分たちの趣味や特技をアピールするのもいいですね。
たとえば絵が得意なら絵を描き、裁縫が得意ならウェルカムベアーを飾るとか、お花が得意ならアレンジフラワーを飾る・・・。
ふたりの小さい頃の写真やプライベートな写真を飾るのも出席者の注目をあびますよ。

そしてテーブル札やお席札も最近では手作りしている方が多いようです。
ここでもふたりの趣味を取り入れ、釣りが好きなら魚の形の札を作ったり、お花が好きなら押し花にしたしおりをお席札にしたり・・・。
しおりにすると持って帰って使っていただくこともできるのでうれしいですよね。
テーブル名も魚の名前やお花の名前にするといいですね。
準備できるお花ならテーブルの真ん中にそのお花を飾っても素敵だと思います。

すべて結婚式場にまかせっきりよりも、自分たちの手作りでオリジナルのおもてなしの方が感謝の気持ちが伝わると思います。

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式でのゲストアルバムの演出

出席していただいたみなさんのことはいつまでも大切な思い出として残しておきたいですよね。
今回はゲストアルバムとゲストカードについてご紹介したいと思います。

当日の受付の際に出席者のひとりひとりをポラロイドカメラで撮らせていただきます。
カメラマンは仲の良い友人などにお願いしておきましょう。
そして余白の部分にお名前とメッセージを一言書いていただきます。
もし披露宴で時間があれば、その写真でいろいろ楽しむことができます。
たとえば写真を箱の中に入れ、新郎新婦が何枚かひいて、当たった人にはプレゼントをあげたりスピーチをしていただいたりして楽しめます。
新郎新婦への質問をしてもらってもいいですね。
そしてその後アルバムに入れれば、新郎新婦にとって一生の思い出として残ります。

時間や人数の関係などでひとりひとりのお写真を撮るのが難しい場合はゲストカードを準備するといいでしょう。
受付の際にひとりひとりにカードとペンを渡し、新郎新婦へのメッセージを書いてもらいます。
披露宴までの時間つぶしにもなりますし、またゲストアルバムのように披露宴でも楽しめます。
当たった人にはプレゼントやスピーチや新郎新婦への質問などいいですね。
披露宴の途中でメッセージを何枚か紹介したりするのもいいでしょう。
そして最後にはアルバムのように整理して残しておくのもいいですが、コルクボードなどに貼ってもいいですね。
招待状といっしょに送付して書いてから持ってきていただくと、当日バタバタすることもなくなるのでいいかもしれませんね。

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式の入場での演出

大切な結婚式、披露宴の入場にもこだわりたいですよね。
今回は演出の中でも入場に絞って調べてみました。

キャンドルサービスというと披露宴の中盤で行うことがほとんどかと思います。
しかし最近はウェルカムキャンドルサービスといって入場のときに行う演出もあるようです。
新郎新婦の入場の前に代表の方にキャンドルの灯りをともしていただき、その灯りの中入場するという神秘的な演出です。
私は実際このような入場を見たことがないのですが、とても憧れる演出だと思います。
キャンドルはだいたい4時間はもちますので、入場の時に灯りをともしても披露宴の最中に消えてしまうという心配はありません。

出席者の方が入場している最中や新郎新婦が入場する前の時間に挙式のビデオを流すという案もあります。
式に出席していない方もみえるかもしれないので挙式の様子を見られるのはいいですよね。
特に海外で挙式を終えて日本で披露宴を行う方がよくやるようです。
挙式のビデオじゃなくても、ウェルカムビデオとして「今日はご出席していただいてありがとうございます。楽しんでいってくださいね。」などの新郎新婦からのメッセージでもいいと思いますよ。

入場の時の曲って結構重要ですよね。
自分のお気に入りの結婚式ソングを流すのもいいですが、友人に楽器を弾ける方がいればお願いして、生演奏の中入場というのも感動的でしょう。
余興ではピアノやギターなどの演奏はよくありますが、入場での生演奏は印象に残ること間違いなしです。

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式での乾杯までの演出

せっかくの結婚式ですから、出席者の方につまらない思いをさせたくないですよね。
今回は、出席者の方につまらないと思われがちな披露宴での乾杯までの演出について書きたいと思います。

まずは新郎新婦のプロフィール紹介。
仲人さんがいない場合は司会の方が紹介をする場合がほとんどかと思います。
それではつまらないので自分たちでお互いを紹介してしまいましょう。
緊張や照れから言葉をつまらせたり噛んでしまうこともあるでしょうが、そんなところも微笑ましいと思っていただけるでしょう。

祝電を紹介する時間も、失礼ですが出席者にとってはつまらないものです。
ですから新郎は新婦に内緒で秘密の祝電を準備しておきましょう。
司会の方に渡しておいて、「最後にもう1通祝電をお預かりしています」というように言ってもらい、新婦を感動させちゃいましょう。
出席者からも祝福の声が上がるでしょう。

新郎新婦から出席者のみなさんへの祝電を準備するのもいいですね。
祝電披露の最後に読み上げてもらうと会場が和やかになるでしょう。
内容は「今日は私たちのために来ていただいてありがとうございます。どうぞ楽しんでいってくださいね」でもいいですし、感謝の気持ちでも結構です。
しかしまだ披露宴は始まったばかりですので感動的な文でない方がいいかもしれませんね。

そして今ではめずらしい鏡開きですが、めずらしいからこそやってみると意外と盛り上がるものです。
新郎新婦だけでなく、せっかくですから両親もいっしょにやるのもいいでしょう。

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式での乾杯からお色直しまでの演出

お色直しで退場する際、エスコートはどなたにしていただく予定ですか?
御媒酌人の方がいらっしゃる場合はお願いするのですが、どなたもいない場合、ご家族にお願いしてはいかがでしょうか。
お父さんやお母さん、ご兄弟の方と手を繋ぐ機会って大人になった今ではまったくなくなりましたよね。
恥ずかしいと思う方の方が多いとは思いますが、ご家族の方にも出番を作ってあげましょう。
小さい頃の思い出などをナレーションで入れてもらいながら手を繋いで歩くと会場が感動で包まれますよ。
このような演出に抵抗がある方もいると思いますが、身内に関する演出も「さりげなく」であれば皆さんに受け入れられますよ。
さりげなく身内を紹介してみてはいかがでしょうか。

御媒酌人やご家族以外でも、エスコートはできます。
あらかじめお願いしておくのももちろんいいですが、当日まで内緒にしておいていきなり新郎新婦が指名するという手もあります。
恩師や会社の上司などを指名すると、びっくりして恥ずかしがりながらもしっかりとエスコートしてくれると思いますよ。

お色直しでの新郎の退場というと新婦の退場に比べて若干地味なイメージがありますよね。
そんなのがいやだという方には、ちょっと派手な退場もあります。
テーマソングを流しながらだとか、友人たちに騎馬を作ってもらい上に乗って退場したりなど案は結構あるでしょう。
しかし場がしらけてしまっては意味がないので、友人や身近な人が多く出席している披露宴でなら大丈夫でしょう。

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式でのウェディングケーキの演出

ウェディングケーキ入刀は披露宴では欠かせない演出ですよね。
昔は偽物のケーキが多かったようですが、今では生ケーキにこだわる新郎新婦が多いようです。
そのウェディングケーキでもいろいろ楽しめる演出があるようです。

ケーキが生ケーキの場合、ケーキ入刀後にきれいに切り分けられて皆さんに召し上がっていただきます。
そのうちの2〜3個に飴などを入れておき、飴が出てきたら新郎新婦からプレゼントがもらえるという楽しみ方もできます。
何も知らずに飲み込んでしまうと大事故になりかねませんのであらかじめ司会の方に伝えてもらうようにしましょう。
飴でなくてもかまいませんが、できるだけケーキのお味が変わらないものにしましょう。

オリジナルケーキを注文する新郎新婦も増えてきているようです。
たとえばモンブランが好きな新郎新婦ならウェディングケーキをモンブランにしてしまったりもするみたいです。
ウェディングケーキというと巨大ですから、もちろんモンブランも巨大。
やってくれるお店は少ないかもしれませんがどうしてもこだわりたいという方はやってみてもいいかもしれません。
ケーキ入刀の時に大きな歓声が起こることは間違いないでしょう。

そしてファーストバイトも必ずと言っていいほどありますよね。
ケーキ入刀後に新郎新婦がお互いにケーキを食べさせるという演出です。
友人たちにキスをせがまれても恥ずかしくてできないというお二人にもこれならできるでしょう。
皆さんに前まで来てもらって、いっぱい写真を撮ってもらいましょう。

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式でのスピーチの演出

披露宴で必ずあるのがスピーチですよね。
スピーチというと会社の上司や恩師にお願いする場合が多いですね。
招待状といっしょに「スピーチをお願いします」と書いた紙を渡しておきます。
もちろんこのようなスピーチもとてもありがたいものですし、なくてはならないものです。
しかしはっきり言ってそこまで盛り上がるものではないですし、演出ではないですよね。

最近ではもっと気軽なスピーチをプラスすることが多いようです。
たとえばインタビュー形式のスピーチ。
特定の人だけじゃなく、たくさんの方にスピーチしていただきたいという新郎新婦にオススメです。
その日の時間によって人数や一人一人のスピーチ時間を調整したりできるのがいいですよね。
あらかじめくじを準備しておいて、新郎新婦がくじを引き、当たった人にインタビューするという方法もあります。
司会者の方が適当に会場を回って一言ずつコメントをしていただいてもいいですし、新郎新婦が指名し、当たった方とマイクで会話をしても楽しいですね。
「何を話していいのかわからない」という方には新郎新婦に質問していただいてもいいですし、基本的に自由に気軽に会話していただくのが目的です。
私も友人の結婚式でこの形のスピーチを体験しました。
私の場合、何を言っていいのかわからなかったので逆に質問してしまいましたが‥。
「次は自分が当たるかもしれない」という緊張感がまたドキドキして楽しめる演出になるのではないかと思います。

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式でのブーケの演出

結婚式というとブーケは付き物ですよね。
新婦が持っているブーケはとても神聖なイメージです。
ブーケといえばブーケトス(新婦がブーケを後ろ向きに投げて、それをゲットした女性が次にお嫁に行けるというもの)が有名ですが、会場によっては「ここで投げるのはちょっと」ということもあるかもしれません。
そんな場合はブーケプルズをオススメします。
ブーケに10本程度のリボンを通しておき、そのうちの1本だけしっかりとブーケと結んでおきます。
どのリボンがブーケと繋がっているかわからなくするために、新郎がリボンの真ん中を握っておくといいでしょう。
そして独身の女性だけを集めて「せーの」でリボンを引っ張ってもらいます。
ブーケに繋がっているただ1つのリボンを当てた女性がラッキーガールとなります。
受け狙いで独身男性がやっても楽しいですよ。
当たり前ですが、その場合はブーケではなく別の物を使ってくださいね。

チャイルドブーケなど、ちびっこの演出もいいですよね。
親族の中に小さい子がいる場合、その子にお願いしてブーケをプレゼントしてもらうという演出です。
小さい子がちょこちょこと歩いてきてお花を渡す姿はとてもかわいらしいですし、誰が見ても心が和みますね。
アレンジとしては、男の子と女の子が一人ずついる場合は新郎新婦の前に二人だけで入場してもらうととてもかわいいですよ。
そしてステージでお花を渡してもらいます。
クリスマスの時期でしたらサンタさんの格好をしてもらっても大変かわいらしいと思います。

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式でのビデオの演出

披露宴でビデオを流したり写真をスライド上映すると、会場は絶対に盛り上がりますよね。
自分たちが計画した演出で出席者の皆さんが盛り上がってくれるとうれしいものです。

最近ではよく、「新郎新婦の生い立ちビデオ」といってお二人の小さいころからの写真やプライベートショットをスライド形式で流したりしますね。
そのビデオには、新郎新婦のみが写っているものと出席しているご家族や友人が写っているものがありますが、どちらにしようか迷っている方には出席している方が写っている方をオススメします。
それは出席している皆さんが楽しめ、注目度がアップするからです。
時間に余裕がある場合は、いっしょに写真に写っている友人にその時のエピソードについてお話してもらったりしてまた会場が盛り上がること間違いなしです。
思わぬ裏話などが登場して和やかになるでしょうしね。

もっと変わったことがやりたいという方は、思い切って自分たちが登場するビデオを作っちゃいましょう。
初めて出会った場面やお付き合いが始まった時、プロポーズの場面などすべて自分たちで演じます。
必要な場合は友人などにも出演してもらうと特に盛り上がるでしょう。
撮影すること自体楽しいでしょうし、とてもいい思い出になると思います。
ギャグもセンスよく入れると会場は爆笑の渦となり、新郎新婦も満足することでしょう。
映像に残るものなのでいい記念にもなりますし、興味のある方はやってみてはいかがですか?

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式でのご両親への演出

結婚式での一番の感動のシーンというとやっぱりご両親へのお手紙の場面ではないでしょうか。
花嫁がご両親へ送るというのが一般的ですね。
心に残るお手紙は具体的に書かれたものでしょう。
小さい頃の思い出などはできるだけ具体的に書きましょう。
会場のみなさんにとっては話が具体的な方が想像しやすいですし感情も入りやすいからです。
たとえば、「お母さんは裁縫が上手でいつも手作りのものを作ってくれました。」と書くよりも「一度手編みのマフラーを作ってくれたことがあったのですが照れくさくて一度もしないままでごめんなさい。本当はとてもうれしかったです。」などと具体的に書いた方が気持ちも伝わりやすいです。

ご両親への花束贈呈のとき、花の代わりにウェイトベア(自分が生まれた時の重さにつくられたぬいぐるみ)をプレゼントする方がすごく増えています。
実は私もそうでした。
クマのものが多いですが、今ではうさぎや犬やキャラクターのものなど種類は豊富です。
そしてナレーションで「お父さんお母さん、この重みは今でも覚えているでしょう」と流せばご両親はもちろん会場のみなさんもウルウルでしょう。
ご両親はきっとその時の感動を思い出してまたさらに感動すること間違いなしでしょう。
また花束といっしょにご両親の似顔絵を描いてプレゼントした方もいらっしゃるようです。
もちろんご両親は感動したでしょうね。
似顔絵は無理という方でも何か他に手作りのものをプレゼントするとより感動していただけると思いますよ。

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式のチャペルでの演出

チャペルでの結婚式にオリジナルアイデアを加えて、より思い出に残るものにしませんか?
教会の出口で、クラッカーを鳴らすとかフラワーシャワーというのはよくありますよね。
そのクラッカーがとてつもなく巨大だったら、ビックリですね。
出席者のみなさんに忘れられないようなインパクトを与えられるはずです。
大きさは世界最大の巨大サイズ(100cm×35cm)で大人が両手で抱えなければならないほどです。
たくさんの出席者に参加していただきたいでしょうから、引き紐は4メートルもあります。
4人から20人でひっぱるというものです。
お店で見かけたことはないのですが、インターネットで手に入るようです。
自分たちで準備してもいいですが、新郎新婦には秘密にしておいて友人が準備してもいいですね。

そしてチャペルでの結婚式というとやっぱり憧れるのはフラワーシャワーですよね。
フラワーシャワーはあらかじめちぎってある花びらを使います。
ライスシャワーはお米がバラバラだと掃除しずらいので数粒のお米をオーガンジーなどに包んで投げるそうです。
小さなお子さんが結構いる場合、シャボン玉シャワーなんかが楽しいと思います。
ひと噴きでたくさん泡が出るものだとより華やかさが増しますし、お子さんも楽しめるかと思います。
結婚式用に花の形をしたシャボン玉のケースがあるそうです。
ライスシャワーなどを式場に断られた場合、シャボン玉シャワーにしてみてはどうですか?

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式での気配りの演出

結婚式では出席者への気配りも大切ですよね。
私は気配りも演出のひとつだと思うのです。
今回は出席者への気配りについて書いてみたいと思います。

結婚式というのは出席者にとって、待ち時間が長いものですよね。
やけに早い時間に呼ばれ、結構な時間控室にいたりします。
そこで出席者が退屈しないように「ふたりの紹介コーナー」という感じで準備しておいてはいかがでしょうか。
たとえば二人の卒業アルバムや卒業文集などを置いておくのも楽しめると思います。
前撮りの時の写真や海外挙式の方はその写真を見ていただくのもいいでしょう。
ふたりの紹介のパンフレットのようなものを準備してもいいですし、ふたりの生まれた日の新聞をコピーして置いておいてもいいでしょう。
今は「ブライダル新聞」というものがあるようです。
ふたりの馴れ初めから結婚に至るまでの記事が盛りだくさんの新聞です。
あらかじめ注文してみてはいかがですか?

お子さんが出席している場合、特に小さい子だと長い間おとなしくしていられませんよね。
そんな時に活躍できるようにおもちゃやぬいぐるみを引き出物といっしょに準備しておくといいです。
走り回るようなおもちゃではダメですが子供が喜ぶものならなんでもいいでしょう。

そしてお年寄りがいる場合でお料理がフランス料理のフルコースだったりする場合。
おせっかいかもと思うかもしれませんが、箸を準備しておくといいと思います。
和食や和洋折衷のお料理にするのがいちばんいいかもしれませんね。

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式での写真の演出

自分たちの結婚式の写真っていっぱい残したいですよね。
しかし実際は新郎新婦がカメラを持ってまわるわけにはいきません。

たくさん写真を残したい方に、演出のひとつとして各テーブルに1つずつ使い捨てカメラを置いておくことをオススメします。
使い捨てカメラといっても最近はモノクロのものやセピアカラーのもの、キャラクターが写りこむものなどいろいろあるので楽しめるのではないでしょうか。
司会者にはあらかじめ伝えておき、カメラをどんどん使ってもらうように言ってもらいましょう。
新郎新婦の写真ではなく、なるべくテーブルでの友人同士などの写真を撮ってもらいましょう。
準備の時間があれば、カメラをきれいに飾り付けしたりリボンをつけたりしてゴージャスにしてみてもいいですね。
しかしフィルム代、現像代、焼き増し代が結構かかるので気をつけなければいけませんね。

結婚式や披露宴の写真で大勢で写るものといえば親戚一同で撮るものですよね。
でも本当は出席していただいた全員でという写真が欲しくないですか?
人数が多いので場所もとるし時間もかかるかもしれませんが、せっかくなので記念に撮りたいですよね。
結婚式場なら披露宴会場やロビーを使って、レストランウェディングならお店のエントランスやホールなどを使えるようにお願いしてみましょう。
天気が良ければお庭でというのもきれいでしょうね。
高いところから撮ると普通とは違う楽しげな写真が撮れるでしょう。

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式でのキャンドルサービスの演出

披露宴でのキャンドルサービスが最近では変わってきているようです。
普通のキャンドルサービスでは嫌という方が増えてきているのです。
しかし、新郎新婦から遠い席に座っている方からすると二人を最も近くで見れる大切な演出です。

そこでフォトサービスというものがあるそうです。
新郎新婦が各テーブルを回ってテーブルごとに写真を撮ります。
会場が一気に盛り上がりますし、新婦といっしょに写真を撮れなかったという方もいなくなります。
しかし必ず司会者にお願いして、会場のみなさんに趣旨を伝えてもらいましょう。
そしてこれは時間がかかるので人数が多い場合はあきらめましょう。

次にドラジェサービス。
かごに入れたドラジェやクッキーなどを配るサービスです。
お菓子作りが趣味だという方なら手作りの物をラッピングして配ってもいいですね。
人数が多い場合はテーブルごとにお菓子の入ったかごを置いて回るというアイデアもあります。

次にデザートサービス。
生ケーキを配るというサービスを新郎新婦がやります。
ふたりでお揃いのエプロンを付けたりするとかわいいですよ。
ケーキのカットと盛りつけは式場の方に準備しておいてもらい、ワゴンなどで配って回りましょう。
デザートは基本的に最後の方に出てくるメニューなのでタイミングの調整をしておきましょう。

そしてビアサービスというのもあるそうです。
新郎がビアサーバーを背負って登場し、注いで回るというものです。

今風のサービスを試してみてはいかがですか?

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式での和装の演出

結婚式を神前式にした場合、披露宴での和装の演出が欲しいですよね。
今の時代洋風な演出が多い中、お色直しで白引き振袖でというのも新鮮ですごくいいと思います。
和装メインの披露宴でもいくつかアイデアはあるものです。
今回は和装の演出について書きたいと思います。

まずお琴の生演奏で入場というのがあるそうです。
お母様や親戚の方などでお琴ができる方がみえるなら、お願いしてみてはいかがでしょうか。
想像している以上に素敵だと思いますよ。

和装ならではということで、番傘を持って登場というのも素敵です。
ただ番傘を持つだけではつまらないので新郎新婦のバックに花火をやったり、季節によっては雪や桜吹雪を散らしてもいいと思います。
華やかな雰囲気が好きだという方にはピッタリかもしれませんね。
新郎新婦で相合傘をしながら入場してもいいですよ。
和のイメージにかわいい演出が加わるので和やかな雰囲気になっていいと思います。
相合傘で入場の際に各テーブルを回って、近くで振袖を見ていただくのもいいですね。
その時に和菓子などを配って回ればまた盛り上がっていいと思いますよ。

お色直しで和装を着るなら、キャンドルサービスを鏡開きにしてもおもしろいですよ。
各テーブルに用意するのはもちろん小さいサイズの鏡開きセットです。
普通のキャンドルサービスのようにテーブルを回ってひとつひとつ行います。
中身はお酒じゃなくてお菓子でもいいですよ。
持って帰れるものならみなさんに喜んでいただけますよね。

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式での席次表の演出

結婚披露宴というと自分たちのためにあるようなものですが、出席してくださった方に喜んでもらえて初めて感動するものですよね。
今回はゲストが喜ぶオリジナルの席次表について紹介したいと思います。

本当なら出席者ひとりひとりをみなさんに紹介したいところですよね。
ですが時間が限られているのでそんなにも余裕はありません。
そこで、席次表にひとりひとりの紹介文を書いてしまいましょう。
たとえば新郎の上司の紹介文だと「いつも相談に乗ってくれ、的確なアドバイスをくれます。」というような感じでしょうか。
親戚のおばさんだと「お料理がとてもおいしいのでいつも食べに行ってました。」などと堅苦しい感じじゃない方が皆さんも見やすいでしょう。
そこに皆さんと写った懐かしい写真などを載せてもいいと思いますよ。
席次表におさまりきらない場合はほんの一言でもいいでしょう。
通常「新郎の友人」などと書かれているところを「新郎新婦の愛のキューピット」や「新郎の命の恩人」などと何か一言紹介するだけでもゲストはうれしいものです。

そして最近ではお席札の裏にその方へのメッセージを書くという方が増えてきました。
実際にはひとりひとりにメッセージを書くのは大変な作業になりますが、書いてもらった方はとてもうれしいものです。
今の時代なんでもメールになってしまって手紙をもらう機会もほとんどなくなっているので、手書きのメッセージというのは特に喜ばれると思いますよ。

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式の神社での演出

最近では女優の藤原紀香さんとお笑い芸人の陣内智則さんが行ったことで、神社での結婚式も人気があるようです。
神社での結婚式というと固いというように感じられがちですが、自分たちらしいオリジナルの式を挙げることも可能だそうです。
もともと日本の結婚式というのは、自宅に親族たちが集まってワイワイとにぎやかに行われていたそうです。
親しい人のみに囲まれての結婚式もいいですよね。
結婚式場などのプランと違ってほとんどが自分たちの手作りなので準備には時間がかかりますし大変ですが、その分皆さんに喜んでいただけると思いますよ。

神社での式は本殿挙式と言って、いつもお賽銭を投げてお参りするところで挙げられるのです。
特別な思いに浸れることでしょう。
お神楽舞の伴奏もテープではなく生演奏だったりするようです。

結婚式場などでもよく使うリングピローも手作りで準備できます。
和風ということで座布団のミニミニバージョンといった感じのものがかわいらしいと思います。
キットも市販のものがあるみたいですよ。

本殿から外に出た時、歩く新郎新婦にフラワーシャワーならぬ折鶴シャワーで祝福していただくというのも変わっていておもしろいですね。
ご家族にもお願いしてこれもまた手作りで準備してみてはいかがでしょうか。
本殿には親族しか入れないところが多いようですが、この時ならお友達も集まってくれるのでたくさん投げてもらいましょう。
ご利益があるかもといって鶴を持ち帰ってくれる方がいたらまたうれしいですね。

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式でのキャンドルリレーの演出

結婚披露宴での代表的なものにキャンドルサービスがあります。
最近ではこのキャンドルサービスを違うものに変えたいという方が増えてきているようです。
古くさいというイメージがついてしまっているのでしょうか。
しかしキャンドルサービスが好きだという方も多いはずです。
今回はキャンドルリレーというものについてお話します。

キャンドルリレーって聞いたことありますか?
出席者全員にキャンドルを渡しておき、新郎新婦が各テーブルの代表者に火を灯してまわります。
そしてその代表者が隣の人にリレー方式で火を回して行きます。
これがキャンドルリレーです。
新郎新婦がメインのキャンドルに火を灯すころには、全員の手元のキャンドルの火がゆらゆらしているのです。
想像しただけでもロマンチックですよね。
そして最後には全員に立っていただいて、新郎新婦に向かって手元のキャンドルの火を吹き消してもらうのです。
これには「幸せを閉じ込める」という意味があるそうです。
皆さんに配るキャンドルを手作りしてみるといいですよ。
意外と簡単にできるみたいです。
小さなグラスを準備しておけばあとはインターネットなどで調べられます。

ウェディングアイテムでキャンドルをよく利用する理由をご存じですか?
「キャンドルは自分の身を削ってまで周りを明るくしてくれる」という意味でいわば「献身的な愛」なんですって。
これを司会の方にうまく話していただけば完璧な演出になるでしょう。

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出

結婚式でのフォーチュンクッキーの演出

結婚披露宴でのスピーチや余興も盛り上がりますが、出席者のみなさんに楽しんでもらえる演出をしたいですよね。
そこでフォーチュンクッキーを使った演出を紹介します。

フォーチュンクッキーというのは、アメリカ生まれの中国料理店のおみくじのようなものです。
アメリカの中国料理店ではほとんどのお店で、食後にこのフォーチュンクッキーを出されます。
クッキーの中から紙が出てきて、その紙には主に自分の生活を向上させるメッセージのようなことが書いてあるというものです。

これを披露宴で使ってみましょう。
インターネットなどで販売されているフォーチュンクッキーを人数分準備し、お色直しの入場の時にひとりひとりに渡して行きます。
あらかじめ当り番号を決めておき、配り終わったら一斉にクッキーの中の紙を出してもらい、当たった方にはプレゼントなどをあげるという演出です。

もう一工夫してクイズなどにしてもいいですね。
まずは準備です。
披露宴でのテーブルの人数に合わせてキーワードを考えます。
6名で構成されているテーブルの場合は「すいぞくかん」などの6文字のキーワードになります。
クッキーひとつにつき一文字書いた紙を入れます。
各テーブルで力を合わせてキーワードを完成させるというゲームです。
そしてそれを手作りのクッキーの中に入れます。
そして当日。
お色直しの入場の時にひとりひとりにクッキーを配り、司会者にゲームの説明をしてもらいます。
一番早く正解したチームには一緒に記念写真を撮ったりその写真をプレゼントしたりするといいですよ。

posted by Jun at 01:22 | TrackBack(0) | 結婚式 演出