結婚式招待状

結婚式をする際に必ず招待する人に出すのが招待状です。
その招待状は、最近は、式場で準備されているカタログから選ぶ人が多いように思いますが、その招待状だと、ほかの人と同じようになってしまうことが多いです。
そこで、ほかにはない招待状を手作りしてみてはいかがですか?
手作りならば、世界に1つの個性的なものができます。

また、本当に上手にできるかどうか不安な人には『紙図鑑セレクトおためしセット』というものがあります。
ほかに、サンプル集から候補をいくつか選んでいるという人には『フリーセレクトおためしセット』というものがあります。
この商品のお店は新潟にあります。ですから、近い人は一度お店に行くのもいいでしょう。

費用については、だれもがきになるところです。
今までに作られた作品の材料費などものっているサイトもありますので参考にしてみてください。

また、会費制の挙式を行うひともいます。
その場合の招待状には、ご祝儀はいらないという旨をどこかに必ず書くようにしてくださいね。
会費制の挙式とは、挙式に出席してくれる人から、決まった会費をもらって披露宴を行う方法です。
この方法は、北海道では一般的な方法です。

会費制の挙式の際には、受付などを友人や知人にお願いするのは控えたいという人もいると思います。
そんなときには、発起人代行というサービスもありますので、利用してみてはいかがでしょうか?
ほかに、幹事や招待状も代行してくれるサービスもありますので、新郎新婦で相談してみてください。
posted by Jun at 01:25 | TrackBack(1) | 結婚式招待状
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15754747

この記事へのトラックバック

結婚式 招待状の返答とマナーと文面
Excerpt: 親しい友だちや知人なら電話やメールですぐにお祝いの言葉をいれますよね。
Weblog: 結婚式招待状のすべて
Tracked: 2010-09-29 00:01