結婚式二次会の招待状

結婚式の二次会の招待状について説明します。
結婚式の二次会の主催者が友人の場合には、招待状は形式にとらわれなくても大丈夫だと思います。
しかし、出欠の確認に時間がかかってしまいます。
なので、早めに郵送しましょう。

結婚式の二次会の主催者が友人だった場合には、親しい友人を招くことがメインになります。
格式ばった招待状ではなくても、カジュアルな招待状でも、まったく問題はありません。
 
その際の内容ですが、
・日時
・場所
・会費
・返信期日
・幹事の名前
などを書くようにしましょう。

結婚式の二次会の招待状の返信についてですが、結婚式の招待状と同様に、2ヶ月前には発送して、1ヶ月前に返信期日にしたほうがよいでしょう。
最近では、はがきではなく、ホームページやメールを利用して二次会の案内を出す場合もあるようです。

また、挙式当日に、小さな紙などに、ちらしのような形式や、メッセージカードのようなものに結婚式の二次会の案内を書いて、出席者に配る場合もあります。
しかし、当日だと、用事がある人がいたりもします。
また、出席できる人数もぎりぎりまで把握できません。
なので、できれば事前に、二次会の案内も発送しておいた方がいいかもしれませんね。

二次会は、結婚式とは違って、新郎新婦との距離も近いし、フレンドリーです。
新郎新婦とたくさんはなせる機会でもあります。
また、盛り上がる場所でもあります。
二次会は楽しいに越したことはありませんね。
posted by Jun at 01:25 | TrackBack(0) | 結婚式招待状
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15754741

この記事へのトラックバック