結婚式招待状の返事の仕方

結婚式に招待されたら、招待状が届くと思います。
結婚式の招待状の返事の書き方について説明します。

まず、結婚式の招待状の返信は、なるべく早くだすことがマナーです。
いくら親しいからといって、電話で返事をするのはマナー違反ですよ。
主催者は、この返信はがきを元に、料理や引き出物の数や、席順などを決めるのです。
返信期日までに返信することは最低限のマナーです。
また、「おめでとうございます」「当日を楽しみにしております」など、祝福のメッセージや、招待してくれたお礼のメッセージなども書き添えましょう。
逆に欠席の場合には、簡単に出席できない理由を書いておわびをし、出席できなくて残念だという気持ちを書き添えてください。
しかし、病気や怪我、忌中などの理由を書くことは慶事にふさわしくありません。
その場合には、理由は詳しく書かないようにしてください。
式が済んでから、手紙などを書いてください。
出席できなかったときには、式の当日に式場に届くように、祝電をうつのもいいでしょう。
祝電の予約は、配達する日の1ヶ月まえから可能なので、ぜひ、祝福のメッセージを送ってくださいね。

また、はがきには、受けとる相手に対しての敬語が使われています。
たとえば、「御出席」の文字は、「御」という文字は斜線または二重線で消して、「出席」の2文字を丸で囲んでください。
また、表の「行」という文字も、斜線または二重線で消して、「様」に書き直してくださいね。
posted by Jun at 01:25 | TrackBack(0) | 結婚式招待状
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15754740

この記事へのトラックバック