結婚式招待状手作り

最近、結婚式では、手作りのものが多く見られるようになってきました。
それもこれも、みんな、個性的な結婚式を求めるようになってきたからです。
オリジナル・ウエディングが主流になりつつあります。

結婚式でよく手作りのものを目にします。
招待状やウェルカムボード、ウェルカムベアーや、席次表、メニューカードなどです。

特に、招待状は、個性的なものが増えてきています。
以前は、式場にあるカタログなどをみて、その中から文書やデザインを決めて印刷まで任せていました。
しかも、差出人の名前も親の名前でした。
しかし、いまでは、招待状の台紙自体も手作りで、文面も、新郎新婦が2人で考え、差出人も新郎新婦の名前にする人が増えてきています。
手作りの方が、確かに思い出にも残りますし、気持ちも相手に伝わると思います。
また、すべて手書きで作るひとや、パソコンで印刷する人など、書き方も人それぞれです。

しかし、手作りする時には、注意しなければならないことがあります。
結婚式の招待状は、いくら親しい仲だからといって、文面がくだけた内容では、相手に失礼です。
いくら親しい仲だとしても、文面はしっかりとした内容にしたほうがいいでしょう。

手作りの招待状は、きっと、もらう側にとってもうれしいものです。
手作りは、どんなに失敗したとしても、作った人の気持ちがしっかり伝わると思います。
また、手作りだと、自分の納得いくようにつくれるというメリットもあります。
大変かもしれませんが、人生の最大のイベントなので、気合いをいれてがんばりましょう。
posted by Jun at 01:25 | TrackBack(0) | 結婚式招待状
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15754739

この記事へのトラックバック