結婚式招待状文面

結婚式の招待状を作るときに悩むのが、招待状の文面だと思います。
結婚式の招待状は、披露宴のタイプなどを知らせるという役割があります。
結婚式の招待状は、結婚式の2ヶ月前に発送して、1ヶ月前が返信期日というのが理想です。

招待状の文面の基本は・・・
・間違いのない方法は、結婚式場などにある例文を使うと間違いはありません。
・差出人は、以前は親の名前にする人が多かったのですが、今は、新郎新婦の名前にする人が多いようです。
・差出人の名前を、親の名前を使って連名で出す場合と、本人の名前で連名で出す場合では、文面が異なりますので気をつけましょう。

同封するものは・・・
・出欠を確認する、返信用のはがき
・結婚式場の会場の案内図
・必要ならば地図や時刻表も同封しましょう
・余興やスピーチをお願いする場合には、その旨を書いたカードなどを同封しましょう。

結婚式の招待状の内容は・・・
・日時
・場所
・誰と誰が結婚するのか
・返信期日
・簡単なあいさつの言葉
は最低限書くようにしましょう。
また、文面で注意することがあります。
いくら親しい仲だからといって、くだけすぎた文章は相手に失礼です。
結婚式の招待状の文面は、「親しい仲にも礼儀あり」が基本ですよ。
普段は仲がよくても、きちんとした文面で招待しましょう。

また、ほかに、遠方からきてくれる人や、主賓の人には、交通費や宿泊費を負担する場合もあります。
負担する場合には、その旨を書きましょう。
負担しない場合には、お詫びの言葉を書き添えましょう。
posted by Jun at 01:25 | TrackBack(0) | 結婚式招待状
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15754738

この記事へのトラックバック