結婚式招待状の欠席の場合

結婚式の招待状をもらうことは、とても喜ばしいことです。
しかし、大事な用事や、怪我などと重なった場合など、どうしても結婚式に出席できなくなった場合には、やむをえず欠席しなければならない場合もあります。
その際の、招待状の返信の仕方について説明します。

結婚式を欠席する場合にも、返信のはがきはもちろん出します。
まずは、受け取る側に対する敬語を消しましょう。
そして、欠席する場合には、「御欠席」の文字の「御」を斜線または二重線で消し、「欠席」の文字を丸で囲みます。
「御出席」も同様に、斜線または二重線で消しましょう。
住所や名前を記入する欄の「御芳名」や「御住所」の「御芳」や「御」の文字も斜線または二重線で消します。
丸で囲んだ「欠席」の文字の後に「させて頂きます。」など付けるとより丁寧な表現になります。
余白には、欠席の理由と祝福のメッセージを添えましょう。

欠席の理由の書き方ですが、仕事や家庭の事情の場合には・・・
できる限り、具体的に欠席の理由を書くようにしましょう。
「忙しいので・・・」という理由は相手に対して、大変失礼なので、使わないでくださいね。

また、不幸があって、重なってしまった場合には・・・
結婚式の招待状に、はっきりと理由を書かないようにしてください。
詳しい理由は、結婚式がおわってから伝えましょう。

ほかの結婚式と重なってしまった場合にも、理由ははっきりと書かない方がいいです。
でも、結婚式当日までに式場に届くように、祝電などを送るのもいいと思います。
posted by Jun at 01:25 | TrackBack(0) | 結婚式招待状
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15754736

この記事へのトラックバック