結婚式招待状の文章

結婚式の招待状は、結婚式をしますという内容を親戚や、大切な友人たちなどに伝える上で、大事なものです。
一般的には、結婚をするというお知らせや、結婚式の日にちなどの伝えたい内容を、明確にメッセージカードなどに書いて、招待したい相手に郵送します。
メッセージの文章には「、」や「。」といった句読点をつかわないという決まりがあります。
忌み言葉という縁起の悪い言葉は使わないといった決まりがもります。
結婚式の招待状の文章を書く時には注意することが必要です。

しかし、結婚式の文章と違って、デザインには、これといって特に決まりがありません。
個性的すぎたりしない限りは、好きなデザインでかまいません。

招待状の差出人の名前についてですが、新郎や新婦の名前ではなく、新郎や新婦の両親の名前をつかうというのが一般的に良いといわれています。
しかし、最近は、新郎や新婦本人の名前で招待状を出す人が増えています。

結婚式の招待状を送る側にもマナーがあるように、もらう側にもマナーがあります。
結婚式の出欠の内容を記した返信はがきが、返信期日までに返答がないと、主催者側に再確認などの手間を与えしまうことになります。
出席する、しないにかかわらず、必ず返信しましょう。
返信はがきを出すことは、招待される側の最低限のマナーです。
また、メールや電話で出席する、しないの旨を伝えたとしても、必ず返信はがきを送ってくださいね。
結婚式に招待する側、される側、お互いに相手の立場をよく考えて失礼の無いように行ってくだいね。
posted by Jun at 01:25 | TrackBack(0) | 結婚式招待状
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15754728

この記事へのトラックバック