結婚式招待状

結婚式をする際に必ず招待する人に出すのが招待状です。
その招待状は、最近は、式場で準備されているカタログから選ぶ人が多いように思いますが、その招待状だと、ほかの人と同じようになってしまうことが多いです。
そこで、ほかにはない招待状を手作りしてみてはいかがですか?
手作りならば、世界に1つの個性的なものができます。

また、本当に上手にできるかどうか不安な人には『紙図鑑セレクトおためしセット』というものがあります。
ほかに、サンプル集から候補をいくつか選んでいるという人には『フリーセレクトおためしセット』というものがあります。
この商品のお店は新潟にあります。ですから、近い人は一度お店に行くのもいいでしょう。

費用については、だれもがきになるところです。
今までに作られた作品の材料費などものっているサイトもありますので参考にしてみてください。

また、会費制の挙式を行うひともいます。
その場合の招待状には、ご祝儀はいらないという旨をどこかに必ず書くようにしてくださいね。
会費制の挙式とは、挙式に出席してくれる人から、決まった会費をもらって披露宴を行う方法です。
この方法は、北海道では一般的な方法です。

会費制の挙式の際には、受付などを友人や知人にお願いするのは控えたいという人もいると思います。
そんなときには、発起人代行というサービスもありますので、利用してみてはいかがでしょうか?
ほかに、幹事や招待状も代行してくれるサービスもありますので、新郎新婦で相談してみてください。

posted by Jun at 01:25 | TrackBack(1) | 結婚式招待状

結婚式招待状の返信

結婚式に招待されると、自宅に結婚式の招待状が届くと思います。
その招待状に対して、返事を書いて返信する必要があります。

招待状の返信方法を説明します。

まずは、宛名の下に書いてある「行」を消します。
斜線または二重線で消してください。×印で消したり、ぬりつぶしたりはしないでくださいね。
定規を使って線を引くとよりきれいです。
その「行」と書いてある部分を「様」に直してください。

次に結婚式に出席する場合です。
出席の場合は、「出席」の文字を丸で囲んでください。
受け取る側への敬語である「御」の文字は、二重線または斜線で消してください。
「御住所」「御芳名」の「御」「御芳」も受け取る側への敬語なので、消し忘れがないようにしてくださいね。
それから、「御欠席」の文字を斜線または二重線で消してください。

余白のところには、お祝いのメッセージを添えると、祝福の気持ちと、招待してくれたお礼の気持ちが伝わります。

逆に欠席する場合には、「欠席」の文字を丸で囲みます。
出席の場合と同様に、受取った人への敬語である「御」は、斜線または二重線で消してください。
次に、「御出席」の文字を斜線または二重線で消してください。
余白には、欠席の理由を書いてください。
弔事などと重なった場合や、けが、病気、本人の体調が思わしくないなどの理由の場合には、結婚式はお祝い事なので、理由ははっきりとは書かないようにしてくださいね。
また、ほかの結婚式と重なってしまった場合も同様です。

posted by Jun at 01:25 | TrackBack(0) | 結婚式招待状

結婚式招待状の書き方

招待状を書き方のポイントは、「簡潔に」、そして且つ「分かりやすく」です。

最近は、オリジナル・ウェディングを希望するカップルが増えてきています。
結婚式の内容も個性的になってきたのは、いうまでもありませんが、招待状も個性的になってきています。
以前は、親の名前で招待状を出すのが一般的でしたが、現在は、2人が好きな文面で招待状を出すなど、個性的なものが増えてきました。

招待状に必ず記載する内容は・・・
・いつ
・どこで
・新郎新婦の名前
・どのような内容の結婚式を行うか(教会・披露宴のみなど・・・)

最近は、仲人さん(媒酌人)がいない結婚式が増えてきています。
また、招待状の差出人の名前を2人の名前にしたりするカップルも多いです。
以前、結婚は、「家と家との結びつき」と考えられていました。
しかし、今は「個人と個人の結びつき」と考える人が増えてきているのも事実です。

また、招待状には忘れがちですが、大事な事があります。
それは、追伸のカードを入れることです。
スピーチや受付を頼んだ友人・知人・来賓の方には、何か一言添えることをおすすめします。
また、小さなカードを入れるのも、最近増えています。
以前は、受付の所で、住所や名前を書いたりしていました。
しかし、今では、事前に招待状に入れておいて、住所や電話番号や名前、メッセージなどをカードに書いてきてもらって、受付でもらうようなスタイルになってきています。
たしかに、そのほうが受付は混雑しないかもしれませんね。

posted by Jun at 01:25 | TrackBack(0) | 結婚式招待状

結婚式招待状の返事

結婚式の招待状をもらったら、返信しなければなりません。
それがマナーです。

招待状の返事は、返信期限ぎりぎりではなく、なるべく早くだしたほうがいいです。

返信用のはがきの書き方を説明します。
1.宛名の「行」という文字を二本線か斜線で消して、「様」に書き直します。
  定規をつかうとよりきれいな線になりますよ。

2.裏面には「御出席」「御欠席」とかいてあると思います。
  出席の場合・・・「御出席」の"御"の文字を、斜線または二本線で消し、"出席"の文字を丸で囲みます。
           余白に祝福のメッセージを書き添えてください。
  欠席の場合・・・「御欠席」の"御"の文字を、斜線または二本線で消し、"欠席"の文字を丸で囲みます。
           余白に欠席の理由を書き添えてください。

また、結婚式に、急に出席できなくなる場合もあると思います。
その際には、挙式の数日前に、本人に直接会ってお祝いの言葉を言うか、当日、式場に祝電を打つことをおすすめします。

また、当日になってから、急に行けないと返事をしたり、出席と言って返信したのに、断りもなく欠席したりすることは、相手にも失礼です。
しかも、迷惑をかけることになります。

また、出席と返信をしたけれども、急用ができて、行けなくなった場合には、早めに知らせるようにしてください。
そして、丁寧に謝ってくださいね。

そして、大事なポイントがあります。
もし、欠席する理由が法事や、怪我や病気の場合には、結婚式は祝い事なので、欠席の理由ははっきりとは書かない方が好ましいです。
注意してくださいね。

posted by Jun at 01:25 | TrackBack(0) | 結婚式招待状

結婚式招待状の返信、書き方

結婚式に招待されたら、招待状が届くと思います。
その招待状に対して、返信するのが常識であり、マナーです。
その招待状の返信方法を説明します。

結婚式の招待状が届いたら、確認することがあります。
それは、結婚式の内容です。
結婚式・披露宴両方の招待状なのか、それとも披露宴だけの招待状なのかです。
また、招待状の返信期日ぎりぎりではなく、余裕をもって返信してください。
できれば、次の日に返信はがきをだしてもいいくらいです。
また、用事があって、返信期日に間に合わない場合には、返信が遅れるということと、いつまで返信できるかを電話などで伝えてください。

はがきを返信する際には、受け取った側に対する敬語は全て、斜線または二重線で消してくださいね。
たとえば、「御出席」は「御」を消して「出席」にしてください。
そして、ほかにも、あて先の「行」は消して、「様」に書きなおしてください。

そして、余白には、出席の場合には、祝福のメッセージを書き添えてください。
逆に、欠席の場合には、欠席の理由を書き添えてください。
でも、結婚式はお祝い事なので、欠席の理由が、法事や病気や怪我の場合には、はっきりと理由はかかにようにしたほうがいいです。

また、出席する際に、交通費や宿泊費を負担してもらう旨が書かれていた場合には、お礼の言葉を忘れないでください。
そして、余興を頼まれていた場合には、喜んで引き受けるというような内容の文面を書くことが好ましいです。

posted by Jun at 01:25 | TrackBack(0) | 結婚式招待状

結婚式招待状のマナー

結婚式は、人生で最高に幸せなイベントです。
そのイベントである結婚式の招待状をもらうことはとてもうれしいことです。
2人を祝福して、応援し、見守っていきたいものですね。

招待状をもらったらどうすればいいのか、説明します。

・出席する場合のマナー
 できるだけ早く返信しましょう。
 もちろん、祝福のメッセージも書き添えてくださいね。
 結婚式をする主催者は、このはがきの返信の内容で出席者の人数や席順を決めます。
 電話や、直接会って話しをしたとしても、返信のはがきは出してくださいね。
 
・欠席する場合のマナー
 出席の場合とは逆で、即答ではなく、少し間をおいてから出します。
 その場合には、祝福のメッセージと、出席できなくて残念だという気持ちを書き添えてください。
 欠席の理由は、あいまいでもかまいません。
 欠席の場合には、祝電を打つという方法もあります。
 当日、式場に届くようにしましょう。
 祝電の受付は、配達日の1ヶ月前から受け付けています。

・招待状を出す側のマナー
 遅くても、挙式・披露宴をする日の1ヶ月前に届くように発送してください。
 異性の友達を招待する場合には、相手の招待客の印象が悪くなる場合もありますので、人数は控えめにしたほうがいいです。
 スピーチや余興をお願いする友人や知人には、前もって手紙や電話などでお願いしておき、招待状にもちょっとしたカードなどを添えてお願いする旨を伝えましょう。
 主賓の方や、遠方からきてくれる出席者に交通費や宿泊費を負担する場合はその旨を書きましょう。
 負担しない場合は、お詫びの旨を同封するようにしましょう。

posted by Jun at 01:25 | TrackBack(0) | 結婚式招待状

結婚式二次会の招待状

結婚式の二次会の招待状について説明します。
結婚式の二次会の主催者が友人の場合には、招待状は形式にとらわれなくても大丈夫だと思います。
しかし、出欠の確認に時間がかかってしまいます。
なので、早めに郵送しましょう。

結婚式の二次会の主催者が友人だった場合には、親しい友人を招くことがメインになります。
格式ばった招待状ではなくても、カジュアルな招待状でも、まったく問題はありません。
 
その際の内容ですが、
・日時
・場所
・会費
・返信期日
・幹事の名前
などを書くようにしましょう。

結婚式の二次会の招待状の返信についてですが、結婚式の招待状と同様に、2ヶ月前には発送して、1ヶ月前に返信期日にしたほうがよいでしょう。
最近では、はがきではなく、ホームページやメールを利用して二次会の案内を出す場合もあるようです。

また、挙式当日に、小さな紙などに、ちらしのような形式や、メッセージカードのようなものに結婚式の二次会の案内を書いて、出席者に配る場合もあります。
しかし、当日だと、用事がある人がいたりもします。
また、出席できる人数もぎりぎりまで把握できません。
なので、できれば事前に、二次会の案内も発送しておいた方がいいかもしれませんね。

二次会は、結婚式とは違って、新郎新婦との距離も近いし、フレンドリーです。
新郎新婦とたくさんはなせる機会でもあります。
また、盛り上がる場所でもあります。
二次会は楽しいに越したことはありませんね。

posted by Jun at 01:25 | TrackBack(0) | 結婚式招待状

結婚式招待状の返事の仕方

結婚式に招待されたら、招待状が届くと思います。
結婚式の招待状の返事の書き方について説明します。

まず、結婚式の招待状の返信は、なるべく早くだすことがマナーです。
いくら親しいからといって、電話で返事をするのはマナー違反ですよ。
主催者は、この返信はがきを元に、料理や引き出物の数や、席順などを決めるのです。
返信期日までに返信することは最低限のマナーです。
また、「おめでとうございます」「当日を楽しみにしております」など、祝福のメッセージや、招待してくれたお礼のメッセージなども書き添えましょう。
逆に欠席の場合には、簡単に出席できない理由を書いておわびをし、出席できなくて残念だという気持ちを書き添えてください。
しかし、病気や怪我、忌中などの理由を書くことは慶事にふさわしくありません。
その場合には、理由は詳しく書かないようにしてください。
式が済んでから、手紙などを書いてください。
出席できなかったときには、式の当日に式場に届くように、祝電をうつのもいいでしょう。
祝電の予約は、配達する日の1ヶ月まえから可能なので、ぜひ、祝福のメッセージを送ってくださいね。

また、はがきには、受けとる相手に対しての敬語が使われています。
たとえば、「御出席」の文字は、「御」という文字は斜線または二重線で消して、「出席」の2文字を丸で囲んでください。
また、表の「行」という文字も、斜線または二重線で消して、「様」に書き直してくださいね。

posted by Jun at 01:25 | TrackBack(0) | 結婚式招待状

結婚式招待状手作り

最近、結婚式では、手作りのものが多く見られるようになってきました。
それもこれも、みんな、個性的な結婚式を求めるようになってきたからです。
オリジナル・ウエディングが主流になりつつあります。

結婚式でよく手作りのものを目にします。
招待状やウェルカムボード、ウェルカムベアーや、席次表、メニューカードなどです。

特に、招待状は、個性的なものが増えてきています。
以前は、式場にあるカタログなどをみて、その中から文書やデザインを決めて印刷まで任せていました。
しかも、差出人の名前も親の名前でした。
しかし、いまでは、招待状の台紙自体も手作りで、文面も、新郎新婦が2人で考え、差出人も新郎新婦の名前にする人が増えてきています。
手作りの方が、確かに思い出にも残りますし、気持ちも相手に伝わると思います。
また、すべて手書きで作るひとや、パソコンで印刷する人など、書き方も人それぞれです。

しかし、手作りする時には、注意しなければならないことがあります。
結婚式の招待状は、いくら親しい仲だからといって、文面がくだけた内容では、相手に失礼です。
いくら親しい仲だとしても、文面はしっかりとした内容にしたほうがいいでしょう。

手作りの招待状は、きっと、もらう側にとってもうれしいものです。
手作りは、どんなに失敗したとしても、作った人の気持ちがしっかり伝わると思います。
また、手作りだと、自分の納得いくようにつくれるというメリットもあります。
大変かもしれませんが、人生の最大のイベントなので、気合いをいれてがんばりましょう。

posted by Jun at 01:25 | TrackBack(0) | 結婚式招待状

結婚式招待状文面

結婚式の招待状を作るときに悩むのが、招待状の文面だと思います。
結婚式の招待状は、披露宴のタイプなどを知らせるという役割があります。
結婚式の招待状は、結婚式の2ヶ月前に発送して、1ヶ月前が返信期日というのが理想です。

招待状の文面の基本は・・・
・間違いのない方法は、結婚式場などにある例文を使うと間違いはありません。
・差出人は、以前は親の名前にする人が多かったのですが、今は、新郎新婦の名前にする人が多いようです。
・差出人の名前を、親の名前を使って連名で出す場合と、本人の名前で連名で出す場合では、文面が異なりますので気をつけましょう。

同封するものは・・・
・出欠を確認する、返信用のはがき
・結婚式場の会場の案内図
・必要ならば地図や時刻表も同封しましょう
・余興やスピーチをお願いする場合には、その旨を書いたカードなどを同封しましょう。

結婚式の招待状の内容は・・・
・日時
・場所
・誰と誰が結婚するのか
・返信期日
・簡単なあいさつの言葉
は最低限書くようにしましょう。
また、文面で注意することがあります。
いくら親しい仲だからといって、くだけすぎた文章は相手に失礼です。
結婚式の招待状の文面は、「親しい仲にも礼儀あり」が基本ですよ。
普段は仲がよくても、きちんとした文面で招待しましょう。

また、ほかに、遠方からきてくれる人や、主賓の人には、交通費や宿泊費を負担する場合もあります。
負担する場合には、その旨を書きましょう。
負担しない場合には、お詫びの言葉を書き添えましょう。

posted by Jun at 01:25 | TrackBack(0) | 結婚式招待状